インターネットを快適にする光回線とは?

インターネット

インターネットに接続する回線はいろいろありますが、その中でも主流の「光回線」についてご存知でしょうか?

聞いたことはある方でも具体的にどのような回線なのか知らない方も多いかと思います。

そこで今回は「光回線」がどんなものかご紹介したいと思います。

光回線とは

光回線はインターネットへの接続に光ファイバーケーブルを用いて通信する回線のことです。

光ファイバーケーブルは、距離の離れた場所でもデータの大きな通信を行っても、とても速い速度で転送する事ができます。

光回線のメリットについて

通信速度が速い

光回線の一番のメリットは、なんといっても通信速度がとても速い事です。

その通信速度は下りが最大で約1Gbps~2Gbpsにもなります。

通信速度が速い事により、動画視聴やオンラインゲームなどといった大きなデータのやりとりが必要な通信も非常に快適に行うことができます。

通信が安定している

通信速度が速い光回線ですがメリットはそれだけではありません。光回線は基地局からの距離が離れている場合やノイズの影響がある場合でも関係なく安定した通信をすることができることもメリットです。

光回線とブロードバンドの関係について

光回線はブロードバンドのひとつ

まずはじめにインターネットを利用するためには、パソコンやスマホといった端末からインターネットまでを回線でつなぐ必要があります。

この回線には種類があり、高速で大容量のデータを通信できる回線の事を「ブロードバンド」、反対に低速な回線のことを「ナローバンド」と呼びます。

現在はブロードバンドが主流の回線となっています。光回線はこのブロードバンドの種類のひとつになります。

ブロードバンドの種類

無線の回線を除けば、ブロードバンドには光以外に、ADSL、CATVがあります。

ADSL回線は既存の電話回線を利用してインターネットに接続する方法です。専用の回線ではなく電話回線のあまり使わない電波帯を使ってインターネットに接続するため、回線の容量が小さく大きなデータのやり取りには向いていません。

CATV回線はCATVの回線を利用してインターネットに接続する方法です。すでにCATVに加入している場合などは手軽にインターネットを利用できますが回線速度は光に劣ります。

光回線は光ファイバーケーブルで専用回線を引くため、他の回線よりも通信速度も速く安定しているのが特徴です。大容量のデータのやり取りもスムーズでブロードバンドの中でも通信速度は群を抜いています。

光回線でインターネットをするには

インターネットは回線だけではできない

光回線でインターネットを利用するためには回線を利用場所につなぐだけでなく、回線とインターネットに接続する「プロバイダー」が必要になります。

回線工事を行い、パソコンにケーブルをつないだだけでは利用できません。

プロバイダとは

プロバイダーは、回線をインターネットと繋げる役割を担っています。プロバイダーがインターネットと回線を接続してくれる事で初めてインターネットを利用できるようになります。

まとめ

大きなデータの通信がでも光回線であれば問題ありません。

光回線で動画視聴やオンラインゲームを快適に楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました